8bit CPUのICF3-Z、XilinxのFPGA(Arty)で動作するverilogの完成が近づいていて近日中に公開すると思うのですが、まだICF3-Zの実力がはっきりしませんが、少なくも利権がコピーできることはないですが、オープンで普及できるようなことはないかなーって考えてます。

1999年のICF3を8bitにして圧縮命令と割込みを追加した、かなり独自な、プロセッサです。1999年のICF3の暗号プロセッサも、僕が1人で設計した独自なもので、そのあたりも、このプロセッサの利点かもしれない。かなり独自で小さいプロセッサなので、他人の特許に当たる確率も低い予想。

ICF3の暗号プロセッサはモンゴメリ乗算器を採用するか否かまでは、会社の上長に僕の検討結果を報告しながら、仕事を進めていましたが、以後、モンゴメリに合ったプロセッサの設計に入り、誰からも邪魔が入らない快適な環境で1人で設計しました。

icf.hatenablog.com/entry/2019/

マイコンみたいな非力なCPUでも、加速支援機構によって、仮想マシンが、そこそこ動作する。古いマイコンだと1命令に6サイクルかかるやつもあるが、仮想マシンでも4~8サイクルで動作するとか。そういう話です。

開発している8bit CPU ICF3-Zが動き出しています。SSLアクセラレータのICF3-Fほどではないですが、技術的に明るい方向です。16bitの圧縮命令の機能が仮想マシンの加速支援機構にならないか、です。16bit固定長のバイトコードのスタックマシン、アキュムレータ、レジスタマシンが、できる可能性です。
用途はコンパイラを作りやすくすること。非C言語のサポートによって、より多くの人にIoTデバイスを開発してもらえることなど。
まだ先の話ですが、急ぎました。税金を使ったものは売れないので、いい方法ないかなと。

公開処刑、現実になりそうで、もうしわけない。

早めに言っておきたいことがあります。
数か月前に前兆らしきもの(まだ医者に言われてない)ができて、またもう一つできました。治ればいいのですが、数か月前にできたものも治っていない。僕が消滅すればですが某大手メーカーの東大卒に激怒していたことを、みな忘れないようにお願いします。OpenICF3も、この激怒を広報していただける方のみ、使ってください。
openicf3.idletime.tokyo/

日記書きました。「自作8bit CPUで除算した結果をLチカ」
note.idletime.be/diary/201904.

日記、書きました。1995年の大型コンピュータの基板設計資料(初公開)
note.idletime.be/diary/201903.

命令コードを64bitにするとか言うと、普通の人は64bit CPUみたいに思えますよね。

厳密な定義はないみたいですがALUが1回で演算できるビット幅みたいです。

FPGAの8bit CPUの命令コードは18bitのものが多いようです。

命令コードを64bit化してもALUが32bitだと32bit CPUですです。

「CPUの新たな脆弱性 SPOILERの論文を読む」
msyksphinz.hatenablog.com/entr

なんか説明が詳しい。

1年前、CPUの割込みの実装も検討していたけど、あまりできが良くなかった。今回、割込みも簡潔に実装できそう。この調子でICF3-Vの命令コードを64bitにしてECCで信頼性を稼げば新種のCPUとしていいかもしれない。圧縮命令16bitと32bitの両方を実装してメモリの無駄使いの欠点を克服する。

日記「ICF3-Vのアーキテクチャの説明」従来CPUと違いが良くわからない、そういう人のために
note.idletime.be/diary/201903.

Chromium OS Canalビルド R72 QEMU版をリリースしました

canal.idletime.be/qemu.html
ICF3-F、ICF3-Vを急げという意見も、あるのですがビルドするだけなので最近は1日でできるので。

既存のICチップを使ったSSHの鍵は買わないけど、MRAM(+ICF3-V)のチップなら買いたいとか、ないだろうか。myuTokenはUSBメモリをICカードにできるソフトだが、USBメモリをMRAMチップに置き換えるだけでいけるから、なんとかなる範囲ではある。icanal.idletime.tokyo/myutoken

日記「技術収支の管理は厳格」興味のない人は読む必要はないです。
note.idletime.be/diary/201902.

自発的な休日出勤、、、
僕も、昔やっていたことがある。
😀

軽量WebブラウザのMidoriというのは、開発が続いていて最新はバージョン7なんですね。

日本語のWikiしか見てなくて、Version 0.5で開発が止まっていたのかと思ってました。

軽量ブラウザっていうとdilloとかで遊んでみたこととかありますけど、毎回日本語化しないといけなくて、続いていないみたい。他も日本語化で止まっているもの多いですね。

管理大変ですよね。
かなり前になりますが、僕もIRCのサーバーを自宅サーバーで、やっていたことがあったのです。

あまり人が来なくて辞めてしまったのですが、apacheのBASIC認証とか使って、IRCのログを見えるようにすれば、自分でpircとか走らせてログを持つ必要がないなとか思って、実際にやってみたこととかあります。

Show more
いなこん

opencoconプロジェクトをはじめとした、Linux/BSD/Thin Client まわりの開発者・利用者が自由に議論できればと思い、IRC代わりのマイクロブログサーバとして設置してみました。

ローカルタイムラインも、連合タイムラインも流量が少なく静かですので、開発メモとして使ったりして頂いて構いませんし、他のサーバの方との雑談にもお使いください。

しまだが管理しています。